お知らせ

今後の方針について

新型コロナウィルス(covid 19)感染対策

covid 19感染が始まって1年と2ヶ月が経過しました。我が国の感染は、第3波到来時点で一部都府県に発せられた緊急事態宣言、外出自粛要請などの効果もあり、本年2月になり徐々に減少してきており、広島県内の感染報告も随分少なくなってきました。しかし、市中には若年者を中心とした「無症状」の感染者数が少なくないと推測されています。

これまでほほえみグループ施設では感染対策を行い、且つご家族の方々にも面会制限をお願いしてきたところですが、残念ながら昨年末から本年1月にかけてクラスターが2件発生しました。現在は終息宣言をしている状況です。これらの感染経路については、いずれも「無症状」で感染した当職員からと考えていますが、最終的には特定できませんでした。

このように市中に「無症状」の感染者が存在すると推測される今の状況では、ほほえみグループ内におけるcovid19感染対策を今まで通り継続すべきと私は考えています。

まずは、当職員が今まで以上に感染対策に努めることが最重要ですが、現在実施しています面会制限、他事業所の利用制限は継続していく所存です。

皆様方におかれましても健康に充分ご留意され、ご理解ご協力を賜りますよう何卒よろしくお願いいたします。

令和3年3月1日

ほほえみグループ
代表 平川 晃